市販のカラーの種類の違い!!

お家で市販のカラーをしていると塗る場所や量にムラができてしまいそれがダメージのムラにも繋がりその積み重ねで取り返しのつかないダメージになってしまいますが、

市販のカラーの種類によっても大分変わってきます。

どんな種類があるかですが、ムースタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ、この3種類で紹介していきます!!

まずはムースタイプ

stockfoto_4512357_S

これは泡カラーとか言うやつですがこれが1番危険だと思います!!

泡なんでムラなく簡単に染めれると言うのがメリットですが、確実に根元だけ染めるのは無理ですし、毛先まで毎回染める事になるので何回かくり返せばダメージも相当積み重なっていきます。

ダメージムラもなくパーマもも何もしていない初めてカラーする方には良いかもしれませんが色の染まりも悪くすぐに抜けてしまいますので1番危険なカラーだと思います!!

次にリキッドタイプ

すいません、、、コチラは良い写真が見つけられませんでした↓↓

コチラは2番目に気を付けないといけないカラーです!!

ジェルみたいな感じですので塗りやすいのですがどうしても毛先まで薬がついてしまいやすいんです。

全体を明るくしたりする時には良いかもしれませんが根元だけを染めるのは難しいと思いますし、その結果広範囲のダメージ、ムラになってしまう可能性が高いんです!!

最後にクリームタイプ

stockfoto_36606331_S

これは美容室で使われてるタイプに1番近いと思います。

ある程度粘度のあるクリームタイプだと根元だけを塗る時に留まってくれやすいので慎重に塗っていけば大丈夫かもしれませんがそれでも均一に塗るのは難しいと思います!!

それにお色の染まりは良いので毛先についたり毛先までいつも塗っていたら毛先だけがどんどん暗くなっていってしまいます。

根元より毛先が暗くなってる方はこういうことが原因だと思われます。

ホームカラーの種類の違いはこんな感じだと思います。

横浜駅近 美容室 アンシェルハ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)