タオルドライの注意点

original

みなさんはお風呂上がりにタオルで髪をゴシゴシふいたりしていませんか?
じつはその行為は髪を傷ませているかもしれないんです。

髪が濡れているときというのは、もの凄くデリケートな状態なんです。

髪の表面にキューティクルという膜があるんですが髪が濡れている時はそのキューティクルが開いている状態なんです。

そんな時にタオルでゴシゴシ拭くとキューティクルが剥がれ落ちてしまい、バサバサになってしまうのです。

そこで正しいタオルでの拭き方を教えたいと思います。
ドライヤーをする前に水分を取る事はとても大事なんですが、

髪を擦り合わせるように、拭くのではなく、髪の毛を挟むようにしてポンポンとたたき水気を吸い取るようにするのがベストです。

そうやって水分をとることで髪の毛のダメージは大分減ります。

今日から改善できますので、心当たりがあるかたは直してみてはいかがでしょうか!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)